補修する時期の目安と塗料の耐用年数

こちらのページでは、外壁や屋根を補修する時期の目安と、外壁塗料の耐用年数についてお伝えします。 住まいにこれらの症状が見られたら、すみやかにお手入れを検討しましょう。 茨城県(水戸・土浦・ひたちなか・つくば)で外壁塗装のことなら、茨城県水戸市の「株式会社ワークアート」にお任せください。

外壁を塗り替えるサイン

一般的に、外壁の補修は10年ごとに行うのが目安とされています。経年劣化により以下のような症状が現れたら、塗り替えのサインです。

症状 特徴
ヒビ割れ 外壁に亀裂が入ります。モルタル壁に多く見られる症状です。見た目が美しくないのに加えて、外壁の強度にも不安をもたらします。
塗装の剥がれ 外壁の塗装が剥がれたり、めくれたりします。湿気の多い時期の施工や、塗料が適切でなかったのが原因となる場合もあります。
汚れ 壁に黒ずんだような汚れがついてしまっている状態です。塗り直しをしてキレイな外壁を取り戻しましょう。
色あせ 塗装の色があせるとともに、表面のツヤが失われた状態です。汚れがつきやすいので、汚く見てしまいます。
ふくれ 塗装の表面がぷっくりと膨らんだような状態になります。湿気の多い時期の工事や、素地の錆びが原因で発生します。
カビ 塗装の表面に黒いカビが発生することがあります。外壁のコケを放置してしまうと、やがてカビが生じるようになります。
外壁がうっすらと緑色に変色していたら、藻が発生しています。日陰や結露しやすい部分に起こりやすい症状です。
腐食 外壁が結露などにより湿気にさらされたことで、カビや腐朽菌が発生し、内部がボロボロになります。
チョーキング 外壁を手で触ると、白い粉のようなものがつきます。外壁の被膜が劣化し、表面が消耗している状態です。
「モルタル壁」を補修する時期の目安

モルタル壁を塗り直しする時期の目安は、10年くらいと言われています。多少のヒビやチョーキング程度であれば、それほど心配することはありません。 ただし、不自然な縦のヒビ割れが現れたら、注意が必要です。家の躯体に問題があるかもしれません。透湿防水の塗料を使用すれば、雨水を防ぎつつ湿気を家の外へ出せます。

「窯業系サイディング壁」を補修する時期の目安

窯業系サイディング壁は、8年を過ぎたら迷わず塗り直しを考えましょう。サイディングボードの側面には、塗装処理が施されていません。 そのため、水を吸うと反ってしまうのです。全面貼り替えにはかなりの費用がかかりますから、お手入れを怠らないようにお気をつけください。

「コロニアル屋根」を補修する時期の目安

コロニアル屋根は、5年を過ぎて表面の化粧層が取れてきた頃が、補修の目安です。吸水したり、白くなったり、コケが生えたりといった症状が現れ、 さらに進行すると反って割れてしまうおそれもあります。シリコン塗料を使うのが一般的ですが、フッ素塗料や無機塗料も使われます。

外壁塗料の耐用年数とは?

外壁塗料の耐用年数とは、塗料を塗ってからどれくらいの期間にわたり耐久性を保てるかを表したものです。各塗料メーカーによって発表されています。 外壁塗装で使用する塗料にはさまざまな種類があり、それぞれ異なる特徴を持つとともに、耐用年数も異なります。

耐用年数の長い塗料はどれか

外壁塗装に使われる塗料を、耐用年数の長い順番に並べると、以下の通りになります。

順位 塗料 耐用年数
1位 フッ素系塗料/遮熱系塗料 15~20年程度
2位 光触媒塗料 10~15年程度
3位 シリコン系塗料 7~13年程度
4位 ウレタン系塗料 5~8年程度
5位 アクリル系塗料 5年程度
新築と塗り直しでは耐用年数は違う

各メーカーが発表している耐用年数は、新築の場合を想定しています。そのため、新築で使用した場合と、築10年で使用した場合とでは、実際の耐用年数が異なることがあります。 耐用年数の通りに塗装が持つとは、一概には言い難いのです。とはいえ、塗料を選ぶ際の目安として、耐用年数を比較してみて損はありません。

塗料のコストと耐用年数の関係

塗料の耐用年数は、次に塗り直しをするまでの期間にかかわっています。耐用年数の長い塗料は金額も割高になりますが、その分頻繁に塗り直しをしなくても済むようになります。 その逆に、耐用年数が短くて低価格の塗料は、一度の塗装かかる金額は比較的少ないものの、ふたたび塗り直しをするまでの期間が短くなるのです。

したがって、塗料選びは耐用年数の長いものを選べば良いというわけではありません。塗り直しの頻度や料金との兼ね合いで考えてみましょう。

塗料の劣化は目視確認しよう

塗料の耐用年数は、あくまで目安のひとつです。実際にどれくらい劣化が進んでいるのかを知るためにも、定期的に外壁を見て確認しておきましょう。 ヒビ割れ・塗装の剥がれ・汚れ・色あせ・ふくれといった症状が見られたり、外壁にカビ・藻・コケが生じてしまったり、塗り直しの必要を感じた際には、専門の業者に調査を依頼しましょう。

塗料選びのお悩みもワークアートへご相談ください!

当社では、しっかりとお客様のご要望をお聞きした上で、塗装工事をご提案いたします。初めての外壁塗装では、ご不明な点もたくさんあるでしょう。 塗料選びについても、専門的な知見からアドバイスいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

無料勉強会を開催中

塗装の仕組み
見積もりの作り方を
教えます!

ぜひご参加ください!

毎月2回

場所:茨城県立青少年会館

受付時間 / 10:00-12:00
(11/11~11/18)

お問い合わせ