外壁塗装コラム

家にとって屋根とは強い紫外線や雨風から守ってくれるとても重要な役割を担っています。そんな屋根は定期的なメンテナンスが大切です。屋根の表面を塗装するものもあれば、屋根全体を新しくするリフォーム方法として「葺き替え」があります。

 

■葺き替えってなに?

葺き替えとは屋根の下地から表面までをまるごと新品に交換します。建物の形状によっては一部を貼り替えるだけで済む場合もありますが、屋根全体の傷みが強く修復が不可能な場合は葺き替えが必要になります。これを全屋根葺き替え工事といいます。

 

■葺き替えのメリット・デメリット

葺き替えのメリット・デメリットとして屋根を一新することにより雨風対策に強くなります。屋根は徐々に劣化していくため近頃頻繁に見かけるゲリラ豪雨などの雨風がひどくなると家の中まで雨が浸水し大きな被害を出してしまうこともあります。それを防ぐのが葺き替えでもあるのです。ただし葺き替えをするには一時的な出費がかかり、補修工事よりも高くなりがちです。

 

また葺き替えをする際に地震対策用として軽めな屋根に変える人も増えています。屋根の素材に重い物を使っていると揺れやすくなり被害が大きくなってしまうのです。

 

葺き替えはメリットも多く、時代にあった屋根のあり方を見直す機会でもあります。

無料勉強会を開催中

塗装の仕組み
見積もりの作り方を
教えます!

ぜひご参加ください!

毎月2回

場所:茨城県立青少年会館

受付時間 / 10:00-12:00
(11/11~11/18)

お問い合わせ