外壁塗装コラム

近頃は外壁の素材として「サイディングボード」と呼ばれる板状の素材が急速に広まりつつあります。

 

■サイディングボードの種類

このサイディングボードにもいくつか種類があり「木質系」「樹脂系」「金属系」「窯業系」に分類されます。

一番多く使用されているのはセメントなどの繊維質を混ぜ合わせて使う窯業系で、

工事費用も安く耐久性に優れているのが特徴です。

 

■サイディングボードの不具合

外壁は日差しや雨風などの刺激を常に受け続けているので、

徐々に劣化し全体的に傷みが気になるようになります。

特に触ってみると白い粉のようなものがつくチョーキングは、

サイディングボード自体はまだ使えたとしても防水などの機能性が著しく低下している可能性があります。

また、湿気や雨水が内部に入ることによりサイディングボードが反り返ってしまったり、

つなぎ目のシーリングに割れ目が出てしまうなど、

少しずつ劣化が進むとさまざまな変化を感じるようになります。

 

少しでもサイディングボードがおかしいと感じたら早めに見直しておくのをおすすめします。

そのまま使っていると内部に水が入り込んで腐食の原因となってしまうこともあり、

余計に大きなトラブルの原因を作り出してしまいます。

塗装で対応出来るうちに専門家の診断を受けることをお勧めします。

(サイディングの劣化や変形が目に見えるようになってくると下地の木材等も駄目になっている場合があります。)

 

無料勉強会を開催中

塗装の仕組み
見積もりの作り方を
教えます!

ぜひご参加ください!

毎月2回

場所:茨城県立青少年会館

受付時間 / 10:00-12:00
(11/11~11/18)

お問い合わせ