見積書を読み解くコツ、教えます

こちらのページでは、見積書の見方についてお伝えします。なかなかじっくりと見る機会のない見積書ですが、基本的な見方を身につけておきましょう。 ご不明点があれば、茨城県水戸市を中心に土浦・ひたちなか・つくばで外壁塗装事業を展開する「株式会社ワークアート」へご相談ください。

見積書を読み解く2つのポイント

外壁塗装を業者に依頼するときには、「見積書」を依頼します。この見積書には、行う工事内容や発生する金額が記入されています。 しかし一般的の方には、見積書の内容はなかなか分かりにくいと思います。

分かりやすく記載してくれる業者であれば問題ありませんが、なかには自分たちにしか分からないように記載する業者がいるのも事実。 内容の理解が不明確なまま契約してしまい、後から法外な金額を請求されるケースも散見されます。こちらでは、見積書を読み解く2つのポイントをご紹介します。

POINT.1詳細な内訳書がある?

見積書を読み解くポイントの1つ目は、「詳細な内訳書があるかどうか」です。外壁塗装の工程ごとに使用する塗料や材料など、細かな明細が記載されているかを確認しましょう。 細かな内訳書がないことで思わぬトラブルに発展するケースがあります。

例えば、塗装工事が完了したので確認してみたら、ベランダ床の塗装がされていない。もちろんお客様は業者に抗議します。 しかし業者の言い分は、「ベランダ床の塗装には床専用の塗料が必要。別料金になるし、床まで塗る約束はしていない」と一点張り。 このような信じられないトラブルは実際に起こりえます。

このようなトラブルを防ぐためにも、工事箇所が詳細に記載された内訳書があるかどうかを契約前に確認しましょう。

POINT.2塗装する面積は正しい?

見積書に記載されている塗装面積は本当に正しいのでしょうか? 数社から見積書を取り寄せてみると、業者ごとに塗装面積が異なることが分かります。なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

ここで当社が実際に行っている塗装面積の算出方法をご紹介します。当社では塗装面積を、「建設時の図面から算出」しています。 具体的には、立面図(レイアウト構造を真上から見て、家の形に図面化してもの)から、壁全体の面積を割り出します。そして、開口部(窓や玄関など)の塗装を行わない面積を引けば、正確な塗装面積が算出できます。

仮に図面がない場合では、実際に壁の面積を計測します。外壁の外周と高さを測定し、壁全体の面積を算出。その後、開口部を計測して差し引けば塗装面積が割り出せます。また屋根や雨どいなどの付帯部分も、この方法で算出できます。

このように、丁寧で緻密な計測から正確な塗装面積が分かるのです。

当社のお見積書は他社とは違います!

上記でお伝えしたように、見積書が丁寧でなく分かりにくい業者は危険と言えるかもしれません。見積書の作成に手間暇をかけない業者では、その先の施工も手を抜く可能性があるからです。

当社の見積書には他社とはハッキリとした違いがあります。

違い.1建物診断報告書を付随

当社では見積書だけをお渡しすることはありません。見積書を作成するには、建物の診断が必要です。簡単に建物の外壁を眺めて作成する業者も多いですが、当社では細かな部分まで診断したうえで報告書を作成します。

診断時にはしっかりと写真撮影を行い、A4のレポートで10枚以上にも及ぶ建物診断報告書を作成し、お客様に見積書とともにお渡しします。そして不要な工事をおすすめすることは一切なく、「この工事は現段階では必要ありません」とハッキリ明記します。

違い.2数パターンのプランをご提示

決して一つだけのプランを押し付けるようなことはしません。当社では通常、5種類ほどのプランお客様ご提示し、プロの観点からお客様にアドバイスをしながらプランを決定していきます。

もちろんご不明点は何でもお聞きください。お客様が納得されるまでご説明しますし、納得されなければ契約をする必要もありません。 もちろん見積書の内訳を事細かに記載していますので、後から「最初の説明と違う!」「こんなはずじゃなかった……」ということも起こりえません。

無料勉強会を開催中

塗装の仕組み
見積もりの作り方を
教えます!

ぜひご参加ください!

毎月2回

場所:茨城県立青少年会館

受付時間 / 10:00-12:00
(11/11~11/18)

お問い合わせ